【大豆田とわ子と三人の元夫】かごめの死因は何?6話で衝撃の展開に!

ドラマ

【大豆田とわ子と三人の元夫】かごめの死因は何?6話で衝撃の展開に!


2021年5月18日放送の第6話で衝撃の展開を迎えた「大豆田とわ子と三人の元夫」。

大豆田とわ子(松たか子)の親友、綿来かごめ(市川実日子)が亡くなってしまいました…。

本編では経緯に触れることはありませんでしたが、何故亡くなってしまったのでしょうか?

続きをどうぞ!

 

とわ子とかごめがお茶をしていた喫茶店のロケ地はコチラ↓

【大豆田とわ子と三人の元夫】かごめの死因は何?6話で衝撃の展開に!

ドラマを毎週楽しく見ている筆者としては、かごめの死はまだ受け入れられていませんが…

田中八作(松田龍平)が病院の廊下で聞いたお医者さんの話がありましたよね。

あの内容が、かごめの死亡時刻と死因と考えるのが妥当でしょうか。

午前1時17分、死亡確認
直接死因は心筋梗塞

同日に亡くなった方が運び込まれたのではない限り、かごめは夜中の1時17分に心筋梗塞で死亡したことになります。

また、とわ子が八作に吐き出した言葉から、その瞬間に寄り添うことができなかったことはわかります。

一人で死んじゃったよ
一人で 死なせちゃったよ

その後は葬儀についての話に場面転換し、かごめの死の詳細には触れないまま、一章が完結してしまいましたね。

とわ子はかごめの家で調理して食事をとり、かごめの遺作となった漫画を編集社に送り…お葬式の日は彼女が言っていたような天気ではなく、晴れたことに「ざまあみろ」と言い。

本当に気のおけない、大事な友人だったことが描かれていて、とても切なくなりました。


かごめに恋心を抱いていた八作も、どのような心情だったのか…。


来週から第二章が始まりますが、かごめについて触れられることはあるのでしょうか。

楽しみにしているドラマですが、来週からも違う意味で気になって仕方がありません。


すでに1年後に時間が進んでいるので、過去を懐かしむように振り返ってくれることを祈っています…!

-ドラマ

© 2021 ぐるめっとれんど