ジャニーズJr年齢制限22歳ってどういうこと?賛否の声まとめ

速報・ニュース

ジャニーズJr.に22歳までの年齢制限!過ぎたらデビューできないの?Twitterの賛否の声まとめ

 


ジャニーズJr.に設けられた22歳の年齢制限とは?

2020年1月16日、ジャニーズ事務所が公式HPで発表した、ジャニーズJr.に設けられた年齢制限。

満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては同日をもちまして終了とさせていただくことといたします

同制度には準備期間が設けられ、2023年3月31日から適用されます。

柔らかく受け止めると、満22歳を迎えたメンバーに対し、次年度以降の契約について協議する、といったところでしょうか。

実際には、22歳時点でグループに所属する見込みがない、または個人でのデビューの目処が立っていないメンバーに関しては、卒業勧告がされる、という解釈で良さそうです。

22歳といえばストレートで4年制大学を卒業する年齢。

制度開始が2023年となっているのは、それまでに自身の身の振り方を考えるように、という意味なのでしょうね。

ジャニーズJr.は22歳を過ぎたらデビューできないのか?

今回の発表を受けて、ネット上では22歳を迎えるメンバーを心配する声が上がっています。

しかし、22歳を過ぎたらデビューできないとは明記されていません

他のグループとの兼ね合いもあるでしょうから、22歳以降にデビューするメンバーもいることでしょう。

この点に関しては、フレッシュさが失われるという声もあり、早めのデビューを推奨する意見も見受けられました。

 

従来のジャニーズJr.の卒業基準は?

50年以上歴史のあるジャニーズJr.ですが、基本的にはCDデビュー、もしくは俳優活動などで実績を重ねることで卒業となります。

また、公式HP内に個人またはグループの個別グループが設けられることが卒業基準の一つとなるとのことです。

かつては40代のジャニーズJr.もいたんだとか…。

ジャニーズJr.22歳の年齢制限に賛否の声

今回のジャニーズJr.の年齢制限制度について、ネット上では賛否の声が上がっています。

疑問・反対の声

22歳で世に放つのは遅すぎる、体のいいリストラだ、という声が見られました。

また、タッキーこと滝沢秀明副社長の意向であるという報道もあり、滝沢さんへの意見も。

内部規約を世間に公表することに疑問を呈している方もいらっしゃいました。

賛成の声

一方で、22歳は一般的に4年制大学を卒業するタイミングであり、良いのでは、という声も。

今回の制度が公表されなかった場合、次々に22歳以上のメンバーがフェードアウトしていくことになりますので、公表されたこと自体は良かったのではないでしょうか。

ジャニーズJr.22歳の年齢制限下でも頑張ってほしい!

年齢制限が設けられたジャニーズJr.ですが、ある程度時限性を設けることによって、メンバーも奮起するかもしれません。

現時点で22歳が近いメンバーは気が気ではないかもしれませんが、頑張っていただきたいと思います。

-速報・ニュース

© 2021 ぐるめっとれんど