豆柴の大群レコ大炎上演出まとめ

速報・ニュース

【レコ大】豆柴の大群の演出が炎上!密着していた番組は?SNSの反応まとめ

2020年12月30日、年の瀬の恒例番組、日本レコード大賞の最優秀新人賞発表の舞台で「豆柴の大群」のメンバーの1人が倒れる演出があり、話題になっています。

なぜそのような演出になってしまったのでしょうか?

SNS上の反応、メンバーに演出を指示することになった原因とされている、密着番組についてまとめました。


豆柴の大群 レコ大の非常識な演出で炎上!SNSの反応は

最優秀新人賞を受賞された真田ナオキさんの名前が呼ばれた瞬間、豆柴の大群のメンバーの1人がガッツポーズをするように飛び上がり、そのまま崩れ落ちるように倒れました。

一見、自分たちの受賞だと思って喜んだのに違ってずっこけたような、芸人さんのような反応に見えますね。

しかし、倒れたメンバーは他のメンバーに抱えられ、画面から消えていきます。

さらにその後、司会の安住アナから、マメシバの大群のメンバーが倒れたのは番組の密着による演出だと説明されています。

安住アナは「ナオさんとカエデさんが倒れた」と説明していますが、実際に倒れたのはミユキでした。

 

SNSの反応

日本レコード大賞の最優秀新人賞の発表の場ということもあり、批判が多く見受けられます。

 

一方で、せっかく良いパフォーマンスをしたのだから勿体ない…という声や、パフォーマンスとして面白かったという声もあがっています。

せっかく素敵なパフォーマンスをされたのに、場違いな演出で批判を浴びてしまうのは悲しいですね…。

 

豆柴の大群にレコ大で密着していた番組とは?演出考案はメンバ?

安住アナから、豆柴の大群に番組が密着していたため、そのようなお芝居をしたと説明がありましたが、密着していた番組とは何なのでしょうか?

真っ先に思い浮かぶのは、「水曜日のダウンタウン」ですよね。

豆柴の大群は、「水曜日のダウンタウン」の企画で安田大サーカスのクロちゃんがプロデュースして生まれたアイドルグループです。

しかし、こうも大事になってしまうと、水曜日のダウンタウンであっても放送される可能性は低そうです…。

また、一部では番組側に指示された演出ではなく、メンバが考えた演出だとされています。

こちらはデイリースポーツの取材に関係者が明かしたそうですが、本人たちの演出であったのであれば、もう少し場所を考える必要がありましたね…。

まだメンバ考案でも番組側の指示でも、不適切な演出であったことは否めませんし、受賞者の真田ナオキさんも想定外の授賞式となってしまったことでしょう。

まだ若く未来のあるグループですので、しっかりと反省、関係者に謝罪した上で今後もめげずに活動していってほしいと思います。

この件でメンバ個人を批判するようなコメントが増えないことを祈るばかりです。

-速報・ニュース

© 2021 ぐるめっとれんど