初耳学 LINE活用術 ID交換方法・AI最新機能!かじがや卓哉解説

林先生の初耳学

初耳学 LINE活用術 ID交換方法・AI最新機能!かじがや卓哉解説

2022年6月19日放送の「日曜日の初耳学」こと林先生の初耳学の”初耳トレンディ”で紹介された、最新LINE活用術をまとめました。

意外と知らないID交換方法や、AIを用いた最新機能まで、LINEを使っている人なら知っていないと損!な知識の数々。

家電製品総合アドバイザー資格を持つ、家電芸人・かじがや卓哉さんによるLINEの最新活用方法は必見です!

意外と知らないスマホの裏技!

人気宅トレグッズまとめ↓

初耳学 LINE活用術 ID交換方法・AI最新機能!かじがや卓哉解説

5秒で連絡先交換!

LINEアイコンを長押しし、QRコードリーダーを選択。

QRコードリーダーが表示されるので、相手のQRコードを読み込むだけでOK。

「マイQRコード」をタップすれば、自分のQRコードを表示できる。

アプリを起動する→友だち追加アイコンをタップ→QRコードをタップ→QRコードを読み取る…という4ステップが1ステップになる、超便利な裏技。

フリーWi-Fiパスワードを一発で入力する方法

LINEトークリスト→検索バー右の記号をタップすると、カメラが起動。

右下の文字認識をタップ、Wi-Fiパスワードを撮影。

自動で文字認識されるため、それをコピーペーストして入力。

英語→日本語に翻訳!超簡単外国語変換

手順はWi-Fiパスワード入力と同様。

ホーム or トークを選択→検索窓の右側の四角い記号のボタン→文字認識→英語文を撮影するだけ!

画面左下の「写真に翻訳を表示」をタップすると、日本語に翻訳されて表示される。

通訳機能で外国人と簡単会話

LINE公式アカウントの「通訳」を利用。

検索バーに「通訳」と入力、通訳したい言語を友だち追加、通訳アカウントと会話したい友達とグループを作ってトークするだけ。

自動でアカウントが翻訳してくれるので、外国の方とも会話が可能に。

重要連絡の共有・保存

重要なメッセージが流れてしまわないように、保存したいメッセージを長押し

「アナウンス」をタップすると、トークの上画面に固定される。

返事をしたいトークを選んで返信したい!指定返信機能

グループトークなどで特定のメッセージに返信したい場合に使用する「リプライ」。

返信したいメッセージを左スワイプすると、文章を引用して返信することが可能。

大事な友だちをピン留め

ピン留めしたい友達を→スワイプ、押しピンマークを押すと画面上部に固定される。

プロの占い師と対面占い

使用し、プロの占い師と対面占いが可能。

LINEホーム画面の「サービス」→「LINE対面占い」をタップ。

LINE審査基準に合格した占い師から、LINEのビデオ通話を利用した対面占いが受けられる。

タロット・算命学・東洋占術など、種類は様々。

自宅で本格的な対面占いができると、人気急上昇中のサービス。

自宅でカラオケ採点

定額で国内外の音楽9,400万曲以上が聴き放題の人気サービス「LINE MUSIC」。

LINE MUSICでマイクのアイコンを選択、右下の「カラオケ採点」を選択すれば、自宅でカラオケが楽しめる。

LINEオープンチャットで最大1万人の口コミを共有!ほしい情報をGET

友だちになっていない人ともトークができる、「オープンチャット」。

トークリスト画面の四角いアイコンをタップ、キーワードを検索。

気になるグループに自由に参加し、質問や会話を楽しむことが可能。

専用の名前とプロフィールで参加できるため、自身の情報を出すことなく参加できる。

初耳学 LINE活用術紹介のかじがや卓哉ってどんな人?

かじがや卓哉さんは、iPhone芸人・家電芸人とも呼ばれる家電に詳しい芸人さん。

YouTube「かじがや家電店」の登録者数が57万人を超える、超人気チャンネルのYouTuberでもあります。

そんなかじがや卓哉さんは、家電の接客・販売のプロフェッショナルのための資格である、「家電製品総合アドバイザー」を保有。

合格率は約2割と、決して高くない資格です。

合格後の有効期限は5年間。

期限内に毎回更新する必要があります。

特にiPhoneにも詳しく、本も出されています。

2018年に出した2作目の著書は、2018年のiPhone関連本の中で日本一の販売実績を誇る程。

さらに、かじがや卓哉さんはNSC時代に税理士資格も取得され、税理士さんでもあるのです。

よく”家電芸人”は耳にしますが、税理士かつ合格率2割の家電関連資格保有者は中々いないのではないでしょうか。

かじがや卓哉さんのプロフィールを知ると、情報の信頼度が増しますね!

-林先生の初耳学