リモラブ

2020秋ドラマ

#リモラブ第2話感想 檸檬の正体が判明!

毎週水曜22時から放送中の2020年秋ドラマ「♯リモラブ ~普通の恋は邪道~」第2話、ご覧になりましたか?

この記事では、♯リモラブ第2話のざっくりしたあらすじ、感想や次回予告の内容をまとめています。

♯リモラブ第2話を見逃してしまった方や、次回予告の伏線をじっくり知りたい方、檸檬が誰なのか知りたい!というあなたにおすすめです。

第1話の内容まとめはコチラからどうぞ!




♯リモラブ第2話のあらすじ

時は過ぎ、5ヶ月後の10月。

檸檬の正体が八木原と思い込み、告白まがいのカミングアウトをして大恥をかいた美々(波留)。

相手が誰かわからなくていい、と意固地になる美々に、富近(江口のりこ)が諭すように言う。

相手は人間だ
わからないままじゃ続かない
いつかは終わる恋だ

檸檬から送られてきた花の写真にテンションが上がり、美々はついハートのスタンプを送るが、返信が来なくなってしまう。

そんな時、美々は青林(松下洸平)から食事に誘われる。

話したいことがあるんです…ていうか、訊きたいことも。

青林に美々を誘うように焚きつける五文字(間宮祥太郎)の姿を見ていない美々は、檸檬の正体が青林なのではと疑う。


しかし、待ち合わせたエレベーター前でいちゃつく青林と我孫子(川栄李奈)の姿を目撃し、食事には行かずにUターン。

美々を見失った青林は、電話で連絡。

ごめん…いなくなった!
基本何考えてるかわかんないとこあるから!

電話の相手は五文字だった。

そこが魅力なんだよ
青ちゃんにはわかんないだろうけど

テレワークになってから、しょっちゅう連絡くれるんだよ、と話す五文字に

それは産業医だから

と冷静に突っ込む青林。

結局食事には行かず、青林から五文字との年齢差を訊かれてこの件は終了。


翌朝、檸檬から返信が。

草モチさん……一度逢いませんか?
逢いましょう。

混乱しながらも、過去のやりとりを見直す美々。

会話の流れで檸檬の尿酸値が5.29であることを確認した美々は、健康診断のデータから該当人物を洗い出す。

一致したのは、この3人…と、産業医である深杉(今井隆文)。

檸檬候補

  • 岬 恒雄(渡辺 大)
  • 朝鳴 肇(及川 光博)
  • 五文字 順太郎(間宮 祥太朗)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】#リモラブ〜普通の恋は邪道〜(@remolove_ntv)がシェアした投稿 -


特別健康面談という名目で3人を呼び出した美々は、檸檬が誰かを突き止めるため、草モチと檸檬の会話のヒントを出していく。

草餅の葉を食べるのが朝鳴のみという結果になり、美々は檸檬の正体が朝鳴だと思い込む。

自分の中で作り上げた檸檬の虚像とのギャップを受け入れられない美々は、檸檬に別れのメッセージを送ってしまう。

檸檬さん。
お逢いすることは出来ません。
今までどうもありがとうございました。
さようなら。

草モチより

すると、檸檬から長文の返信が届く。

そこには変わった生活と不安、草モチへの心配の言葉がつづられていた。

ありがとうございました。
お元気で。

檸檬より

そのメッセージを見た美々は、朝鳴の元へ向かうが、朝鳴も檸檬ではなかった。

ありがとう、草モチのこと。
ちゃんとさよなら言ってくれて。

青林(松下洸平)に話しかける我孫子(川栄李奈)。

檸檬の正体は、青林。

レモン嫌いは彼女のおかげで克服していた。

♯リモラブ第2話の感想

青林と五文字の仲がほほえましい

青林(松下洸平)と五文字(間宮祥太郎)の仲が良すぎて、朝鳴(及川光博)が嫉妬するシーンが可愛すぎました(笑)

先輩後輩で仲が良いの、良いですよね…!

なんとなく、男性は上下関係なく馬が合うと仲良くなってしまうイメージがあります。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】#リモラブ〜普通の恋は邪道〜(@remolove_ntv)がシェアした投稿 -

五文字がいじめられっ子だったのも意外です。

第1話で少し精神的に参っているシーンや、リモートワークを謳歌する姿を見て、これは意外と陰キャ寄りの設定か…?と思ってはいたのですが、(個人的に)個人的に親しみやすさを感じました。


美々が動揺するシーンに人間味がある

特別健康面談で草餅の葉を食べて見せる際にマスクを外し、そのまま話すシーンでは、美々の動揺が見てとれましたね!

あれだけ、「マスク!」「ソーシャルディスタンス!」と言っていたクールな美々先生のキャラが総崩れしています。

 

五文字を応援したくなる

檸檬の正体と共に、五文字が美々に思いを寄せていることが判明した今回。

青林はとてもいい奴で好感が持てますが、彼女持ちなので、恋愛面ではあまり期待ができません。

ここは五文字に頑張ってほしい…!けれど、これで五文字とくっついて終わり、という展開はなさそうですね。

やはり青林なのか…?それとも五文字が頑張るのか…?はたまた…?

まさかの2話目で檸檬の正体が判明

檸檬の正体判明、ちょっと早すぎませんか?笑

もっとヤキモキして、顔の見えない相手との恋愛を楽しむドラマかと思っていたので、この展開には驚きました。

あっさり明かされてしまった、檸檬の正体。

次回予告では五文字が檸檬を名乗るシーンもあり、今後も檸檬の存在は鍵となるようですが…。

それにしても、何故青林は尿酸値5.29に引っかからなかったのでしょうか?

あらかじめ除外したのでしょうか…。


そして何より、何故美々先生は同じ轍を踏むのか!

八木原の時で懲りたかと思いきや、高らかに草モチ宣言…。

猪突猛進型なんでしょうか。

この時の八木原くんの表情は秀逸でしたね(笑)

 

♯リモラブ第2話 次回予告 美々の恋の行方は?

次回予告


気になる次回予告はコチラ。



次回予告では、五文字(間宮祥太郎)とデートする美々の姿が!

僕が檸檬です。

という五文字の声も…!?

美々が檸檬に思いを寄せていることを知った五文字が、成り代わることにしたのでしょうか?

本当は五文字だったけど、青林が何かで我孫子に勘違いされた…?という可能性は低そうですね。

青林の顔認証でロックを解除したスマートフォンの履歴を我孫子が確認しているので、そこに事情がない限りは青林が檸檬なのでしょう。

何故か美々の家で八木原(髙橋優斗)と栞(福地桃子)、五文字が集まってダブルデートをする様子も。

最後には、美々と五文字が電話で話したり、一緒にゲームをしながら顔を近づけるシーンが!

美々と五文字が急接近する第3話も、見逃せません。


第3話以降もまとめていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

-2020秋ドラマ

© 2021 ぐるめっとれんど