35歳の少女

2020秋ドラマ

35歳の少女 第1話感想!柴咲コウさんの演技が素晴らしい

2020年10月10日スタート!毎週土曜22時放送の「35歳の少女」第1話、ご覧になりましたか?

この記事では、「35歳の少女」のざっくりしたあらすじや感想、次回予告の内容をまとめています。

「35歳の少女」第1話を見逃してしまった方や、次回予告の伏線をじっくり知りたいあなたにおすすめです。

2分程度でサクッと読み終えられますので、続きをどうぞ!


35歳の少女 第1話あらすじ

主人公の望美(10)は母親の多恵(鈴木保奈美)にお使いを頼まれ、豆腐を買いに自転車で出かけたが、坂道で自転車のブレーキが効かず、事故に遭う。

昏睡状態に陥った望美(柴咲コウ)が目を覚ましたのは、25年後。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 -


歳をとった母親が、望美が目覚めたことに驚き、現状を説明する。


望美は25年前事故に遭って、ずーっと眠ってたの

だからあなたはもう10歳じゃない

35歳なの

信じがたいが、鏡に映るのは見たこともない自分の姿。

これは…悪夢だ…


25年の間に両親は離婚し父親(田中哲司)は再婚、妹の愛美(橋本愛)は家を出ていて、家族の仲は険悪に。

母親は望美にショックを与えないよう、家族はあの頃のまま仲が良いように振舞おうとする。


望美の退院祝いに家族がそろい、望美の初恋の人である広瀬結人(坂口健太郎)が現れる。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 -

 

今は小学校の教師をしていて、と明るく語っていた結人だが、その話は嘘だった。

今は代行業をして日銭を稼いでいる、と語気荒く打ち明ける。

俺はもうおまえが思っているような結人くんじゃねえんだよ

夢とか愛とか甘っちょろいこと聞くと虫唾が走るし、俺は毎日ブラブラ楽して生きていければそれでいいんだよ

今はおまえが夢見てたような世界じゃねんだよ

結人がさらに言葉を続け、

おまえもさ、ずっと寝たまんまの方が良かったんじゃねえの?

と吐き捨てて去ろうとすると、望美は子どものように声をあげて泣き出してしまう。

畳みかけるように、妹の愛美が家族の現状を暴露。

その翌日、望美は黙って姿を消してしまい、そのことに気付いた母親は、結人に望美がいなくなったことを電話で伝える。


望美たちが通った小学校で望美を見つけた結人。

昔と変わらない場所を探しているように見えた望美は、過去に結人と来た図書館ではじめて言葉を発し、自分の気持ちを吐露。

目なんか…覚めなきゃ良かった…

と打ちひしがれる望美に、言い忘れたことがある、と結人が話し出す。

おまえは俺の初恋なんだ

俺はおまえが好きだった

望美が事故に遭って後悔した、自分の気持ちを伝えられなかった悔しさを今、晴らすことができたと言葉を続ける。


おまえは目覚めて良かったんだ

こんな世界だけど、戻ってきて良かったんだ


こうしてまた会うことができたろ、と言う結人に、望美は

結人くんだ…結人くんだ結人くんだ結人くんだ!


と嬉しそうに結人に抱きつき、再会を喜ぶ。


望美が帰宅し、母親が望美の事故後、どんな思いで望美を見守り、介護してきたかの回想シーン。

25年信じてきたけど、もう頑張る気力がないと泣く母親の背後で、静かに望美が目を覚まし、冒頭で母親が涙を流していた理由が判明する。

35歳の少女 第1話感想

俳優陣の演技力が高い

望美の両親役の鈴木保奈美さん、田中哲司さんは、25年前と現在を演じています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 -

望美の母親役の鈴木保奈美さんは別人のようですし(現在はちょっと怖い)、田中哲司さんの25年前はとっても若々しい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】「35歳の少女」土曜よる10時(@shojo35)がシェアした投稿 -

そして、Twitterでも話題になっていましたが、柴咲コウさんはまるで本物の少女のような演技でした!

嘘くささを一切感じさせない演技は、さすがの一言です。

わかる、子どもってこんな泣き方…!と再現度に驚きました。


前半ではまだ言葉が上手く出てこなかったのですが、それも表情の演技でカバー。

子どものようにキラキラと目を輝かせたり、怯えるような表情を見せたり。

第2話以降の俳優陣の演技にも、期待が膨らみます。

広瀬結人(坂口健太郎)は悪い奴ではなかった

望美の退院祝いで、突然望美に怒りをぶつけだしたシーンでは、正直…

「は?」

と思ってしまいました。



25年前に気に入らなかった相手だったとしても、中身が10歳の相手に自身の不満をぶつけるなんて身勝手すぎますし…嫌なら来るなよ、と思ってしまいます。

しかし、翌日は人の好さがにじみ出るような変わり様で望美に告白し、

「そう!求めていたのはコレ!」

と画面の前で何度も頷きました(笑)

あれだけもう二度と来るか!と啖呵を切っておいて、あっさり現れて望美をフォローし、告白までしてしまう優しさ…。


25年後の家族は崩壊していますし、望美にとっては希望がありません。

できれば、このまま望美を支えていってくれたらと願ってしまいます。

家族の確執が根深い

25年前は明るく仲が良く、笑顔があふれていた望美の家…。

今は両親が離婚し、妹も家を出ています。

お世辞にも3人の仲は良いとは言えず、かなり険悪な雰囲気。

根は良い人に見える父親(田中哲司)と、能面のように表情を失い、頑なな母親(鈴木保奈美)、発言も行動も自分本位な妹(橋本愛)。


妹の愛美(橋本愛)は姉の目覚めを喜んでいるようには見えず、自ら望美に話しかけることもせず、しまいには家族の現状を暴露。

しかし、妹の愛美(橋本愛)の発言から、望美の事故後の生活が窺えました。

この人、付きっきりでお姉ちゃんの看病して、こっちの話ろくに聞いてくれないし!

目覚めて短期間で歩けるまでに回復するようになるには、想像以上に献身的な介護が必要となるでしょう。

そのために犠牲にしたものも多かったはずです。

愛美なりの苦労もたくさんあってのことなので、一概に性格悪い!とは言えませんね…。


どのような経緯で両親が離婚に至ったかは明かされていませんが、1人逃げ出したとも受け取れる父親。

望美の目覚めを喜び、できることはしようとしていますが、それは目覚めなければ結局何もしなかったのと同じことですよね。

再婚後の家庭では連れ子が引きこもりで苦労しているようですし、完全に幸せ!な感じではありませんが…。


普通の35歳であれば親の手を借りずに生きていくことができますが、望美の中身は10歳。

義務教育も受けられなかった彼女が、今後どのように生きていくのか、非常に気になります。

35歳の少女 第1話次回予告

気になる次回予告はコチラ!


次回予告では、大人になった望美に子どものような振る舞いを止めるように伝える母親や、戸惑う望美を励ます結人の言葉が出てきます。

しかし、妹の愛美と手を繋いで歩くシーンも…?

最後には、

悪いのは望美なの

25年もみんなにつらい思いをさせてごめんなさい

という望美のナレーションと共に、望美が自転車に乗って事故に遭った坂に飛び出していきます。

追いかけて転倒した結人が望美の名前を呼んで…。


第2話が非常に気になる終わり方ですね!

第2話以降もまとめていきますので、ぜひチェックしてみてください!

-2020秋ドラマ

© 2021 ぐるめっとれんど