先生を消す方程式

2020秋ドラマ

先生を消す方程式第7話 予告の暗号解説

現在放送中の2020年秋ドラマ、「先生を消す方程式」はご覧になりましたか?

この記事では、「先生を消す方程式」第7話の予告動画の暗号の解説、ストーリー考察をしています。

1分もかからずサクッと読み終えられますので、続きをどうぞ!

\先生を消す方程式考察まとめ・人物考察はコチラ/

 


先生を消す方程式 第7話考察 予告の暗号

今回は車いすの画像上に平仮名が並んでいます。

一体何を指しているのでしょうか。

ひらがな

さじおかくを

平仮名の暗号は珍しいですね!

一見規則性も何もありません。

毎回ですが、「これをこうする」という謎解きのヒントが全く与えられないので、手探りです(笑)

さて、では単純に次の平仮名に進めてみては?と試してみました。

さ → し
じ → ず
お → か
か → き
く → け
を → ん

これを繋げてみると…ずかきけん」

前回の暗号は「目覚める」だったので、てっきり静(松本まりか)が目覚めるのかと思っていましたが、特に変化はありませんでした。

頼田(山田裕貴)が度々静の病室に足を運んでいますし、生命維持装置に手を出そうとしているので、危険な状況に変わりはなさそうですが…。

車椅子

背景の車椅子の画像。

公式でも取り上げられていますね。

「静危険」と紐づけて考えても…たとえゾンビでも義澤が静に危害を与えるとは考えにくいですし、今更生徒たちが静に何かすることもなさそうです。

そうなると、やはり頼田ですよね。

「静危険」と紐づけて考えるのであれば、頼田が静を車椅子で連れ出す…といった展開でしょうか。

全く先が読めなくなってきましたが、次回も楽しみに見ようと思います!

先生を消す方程式 第7話考察・感想まとめ

放送され次第更新します!

-2020秋ドラマ

© 2021 ぐるめっとれんど