35歳の少女

2020秋ドラマ

35歳の少女 第2話感想!柴咲コウさんの10歳の演技は必見

毎週土曜22時から放送中の2020年秋ドラマ「35歳の少女」第2話、ご覧になりましたか?

この記事では、「35歳の少女」のざっくりしたあらすじや感想、次回予告の内容をまとめています。

「35歳の少女」第2話を見逃してしまった方や、次回予告の伏線をじっくり知りたいあなたにおすすめです。

2分程度でサクッと読み終えられますので、続きをどうぞ!


第1話の内容まとめはコチラから!




35歳の少女 第2話あらすじ

望美(柴咲コウ)は母親と買い物に行くが、迷子になって母親(鈴木保奈美)に叱られてしまう。

父親(田中哲司)から連絡があり、一緒に買い物に行った望美は、そこで両親が離婚した過程を聞く。

両親は望美を献身的に介護していたが、望美が肺炎にかかってから母親と衝突するようになり、心が折れてしまったのだ。

目覚める可能性はほとんどないって言われて、もう望美を楽にさせてあげようって言ったんだ

ごめんな望美…全部パパが悪いんだ                   


妹の愛美(橋本愛)は、代行業をしている結人(坂口健太郎)に恋人のフリをしてくれるように依頼する。

元カレの相沢秀男(細田義彦)が交際している部下の林田藤子(大友花恋)とのデート場所に現れ、結人との仲をアピールする愛美だったが、レンタル終了後、結人にストーカーまがいの行為を咎められる。



結人に10歳の頃の友人に会わせてもらった望美は、現実とのギャップに苦しむが、会えてよかったと言う。

しかし、結人が見せてくれた友人のSNSには、こんな言葉が並んでいた。

25年眠ってた彼女は、今、リアル浦島太郎状態。
本当にかわいそう。私だったら生きていけない。

今は表では当たり障りないことを言っていても、裏ではネットで悪口を書くのが普通なんだと言う結人に、何故そんな酷いことを言うのかと詰め寄る望美。



結人に突き放された望美は、自宅から自転車を出して走り出し、事故に遭った坂へ向かう。

衝突寸前でブレーキを握った望美に、結人が駆け寄り叱責する。

現状に対する思いを吐露し、ママに大人になれと言われたけれど無理だと泣く望美に、

だったらそのままでいろよ
無理に大人になる必要なんてねえんだよ

おまえの好きなようにやればいい
大人になるのはそれからだ

と言い、望美の好きな服を買い、お子様ランチを食べるのに付き合ってくれる。

その笑顔忘れんなよ
それが好きだったんだから、俺

すると、望美はにっこり笑って言う。

あたしも、だーいすきだよ、結人くん

困惑する結人。

えっと…それは、10歳の俺が好きってことかな?

返答を聞く前に望美の電話が鳴り、話は中断する。



父親と愛美を家に呼び出した望美は、家族分の豆腐を買ってきて一緒に食べようと誘う。

悪いのは望美なの
あの日、本当は徹必要ないのに坂道でスピード出したくてわざと寄り道したの
自転車に乗れるようになったのが嬉しくて

だから望美が事故に遭ったのは、まなちゃんがおつかいに行かなかったからじゃありません。

パパが自転車のブレーキを直さなかったせいでもありません。

ママがお豆腐を買うのを忘れたせいでもありません。

それなのに、事故に遭ってごめんなさい…
25年もみんなにつらい思いをさせて、ごめんなさい
みんなの気持ちを考えずに、自分ばかっり不公平だと思ってごめんなさい

黙って豆腐を食べ始める母親。

うん、うまい!
うまいなー!

泣きながら豆腐を食べる父親。

25年ぶりに食べたけど…別にそんなに美味しくないじゃん

悪態をつきながらも豆腐を食べる愛美。




そんな家族に向かって望美が成長宣言をする。

わたし、成長するね!

 

 

35歳の少女 第2話感想

やはり柴咲コウさんの演技が素晴らしい!

第2話では、望美が普通にしゃべれるようになっていますね。

本当に子どものような口調で、中身が子どもと言われても違和感がありません。

 

 


自然と10歳の少女が35歳になった、という設定を受け入れて視聴することができます。

「35歳の少女」のストーリーは、主人公の演技力で明暗が分かれると言っても過言ではありません。

柴咲コウさんの演技力があってこそ楽しめるドラマですね!

なんだかんだ優しい結人(坂口健太郎)が好き

大人になれない望美にそのままでいいと言ってくれたり、一緒に子どものような食べ方をしてくれたり。

望美の洋服や靴まで買ってくれるという…。

服の値段に「たっか!」と驚くシーンも可愛くてときめきますね!

レンタルより素の方が優しいじゃないか…!

 

手を繋いで歩くシーンでも、手を振り回す望美を制止する声にすら、優しさを感じます。

文句を言いながらも望美を見守ってくれる結人、第1話のダークキャラがたまに顔を出しますが、基本的には全面的に良い人になりつつありますね!

結人も望美の言動に影響を受けて変わっていっているので、このままチョイ悪くらいを貫いてほしいところです。


愛美(橋本愛)が憎めない

棘のある言い方ばかりする愛美ですが、25年間に起きたことを考えると、仕方がない気がします。

最初は、正直嫌な奴だな…と思ってしまったのですが、徐々に憎めないキャラクターに。

望美に、「事故に遭ったのはまなちゃんのせいじゃないよ」と言われて涙ぐむシーンからも、根が悪い子ではない様子が窺えますね。

忙しいんだけど!と言いながらもちゃんと豆腐を食べ出す様子は、まさにツンデレ。

美しい顔立ちから冷たい印象を受けていましたが、可愛らしさも見られます。

今後、もう少し彼女が心穏やかに過ごせる展開になってほしいものです。

 

35歳の少女 第2話次回予告

気になる次回予告はコチラ!

次回予告では、学習塾に通うものの、ついていけない望美の姿が…。

結人に勉強を教えてほしいと願ったのですが、母親に却下されたようです。


一方、父親の進次は、引きこもりの息子を引っ張り出そうとして100万円を要求されています。


仕事が評価されない愛美は、結人に依頼し愚痴を聞いてもらいますが、酔った勢いで大声で叫ぶなど、かなり荒れている様子。

望美は結人の代行業を手伝うことにしたのか、勧められたお酒を飲んで倒れてしまい、結人と母親がもめています。

お姉ちゃんが寝たままの方がよかったかもね

と言う愛美の顔は傷だらけ…。

一体何があったのでしょうか。


飲食店で母親の多恵に何か言われたのか、

おまえの周りには誰もいなくなるんだ!

と叫びながら店を出ようとする父親の姿も。


次のシーンでは、仕事でなのか、洗車している中年男性に水をかけられる多恵。

あの子が目覚めたら嬉しいことばっかりだと思ったのに…


唯一望美の目覚めを待ち続けた母親の多恵も、厳しい現実に打ちのめされているようです。

望美がどのように成長していくのかが描かれた第3話も見逃せませんね。


第3話以降もまとめていきますので、ぜひチェックしてくださいね!

-2020秋ドラマ

© 2021 ぐるめっとれんど