【ジョブチューン】ローソンリベンジ2021!スイーツ含むランキング合格結果まとめ

ジョブチューン

【ジョブチューン】ローソンリベンジ2021!スイーツ含むランキング合格結果まとめ

2021年5月8日放送、「ローソン×超一流料理人 リベンジマッチ第2弾」の合格・不合格結果をまとめました!

ローソン自慢のウチカフェスイーツがTOP3を独占する、人気商品ランキングTOP10+前哨戦の結果は続きをどうぞ!

ガストのジャッジ企画はコチラ↓

くら寿司のジャッジ企画はコチラ↓


【ジョブチューン】ローソンリベンジ2021!スイーツ含むランキング合格結果まとめ

TOP10+前哨戦の結果は、合格品、不合格品

一押しメニューTOP10+前哨戦

  1. 【合格】 Uchi Café Spécialité 絹白(きぬしろ)クリームの苺ショート(320円)
  2. 【合格】 Uchi Café Spécialité 栗満(くりみ)ちモンブラン(320円)
  3. 【不合格】Uchi Caféピスタチオ 120ml(228円)
  4. 【合格】 金しゃりおにぎり いくら醤油漬(198円)
  5. 【合格】 三元豚の厚切りロースカツカレー(598円)
  6. 【合格】 鰹と昆布の特製出汁で作った鶏のみぞれ煮(399円)
  7. 【不合格】グーードッグ トマトオニオン(ハラペーニョ入り)(298円)
  8. 【合格】 生パスタ カルボナーラ(278円)
  9. 【満場一致合格】とけコロ(160円)
  10. 【合格】 冷し中華(498円)
  11. 【合格】 スパイス香るビーフカレーパン(130円)

【ジョブチューン】ローソンリベンジマッチ2021合格メニュー

満場一致合格のメニューには王冠マークをつけていますので、参考にしてください。

価格は全て2021年5月現在の税込み価格です。

スパイス香るビーフカレーパン(130円)

合格:5人/不合格:2人

旨味の強い牛粗びき肉を使ったこだわりのビーフカレーパン。

総菜パン売り上げNo.1の人気商品!

ソテーオニオン、オニオンペースト、乾燥オニオンの3種類の玉ねぎを使うことで、深みのある味わいに仕上がっています。

カレーの旨味を引き立てるため、生地には昆布だしを使用。

超一流料理人コメント

  • 一体感がすごく良かった
    スパイシーなカレーとパンの味もよく、美味しかった
  • 表面の油っぽさが気になる
    具がゴロゴロしていると期待したが、入っていなくてあまり美味しく感じなかった

冷し中華(498円)

合格:6人/不合格:1人

5日間熟成させてから直火で焼き上げ、肉の旨味を最大限に引き出せるように調理したチャーシューをトッピング。

鶏ガラ・豚のWベースに、しいたけの出汁を加えた深い味わいが特徴。

超一流料理人コメント

  • めちゃめちゃ美味しかった(澤田)
    麺のこだわりが伝わってきた
    卵が2種類入っているのも良い
  • チャーシューのサイズが程よく美味しかった(竹村)

とけコロ(160円)

合格:7人/不合格:0人

累計1,100万個売り上げた「とけコロ」が一致で合格!

北海道産キタアカリを半年間低温貯蔵し、芋の甘みを最大限に引き出して使用。

キタアカリの煮崩れしやすい特徴を活かし、とろける食感に。

パン粉専用のパンを焼き上げ、新鮮なパン粉を使用することでサクサク食感が実現。

超一流料理人コメント

  • 本当に美味しかった(竹村)
    寝かして糖化したこだわりが表れている、言ったら必ず買う
  • かなり美味しかった(原田)
    柔らかいコロッケを美味しく揚げるのは難しい
  • 見た目のしずる感、美味しそう感がすごくあって、食べたらうまい(徳永)

生パスタ カルボナーラ(278円)

合格:4人/不合格:3人

人気No.1冷凍麺!

卵黄のみを使用した濃厚なソースには、香りが特徴のパルメザン、コクのあるチェダーの2種類のチーズをブレンド。

タピオカ粉が入ったもちっと食感のフェットチーネにこだわりのソースを絡めた一品。

数種類のチップを使用して燻製したベーコンを具材に使用し、専門店さながらのクオリティに。

超一流料理人コメント

  • フェットチーネにしては厚めの麺と値段がすごく良かった(原田)
    さらに磨きをかけていってもらえれば
  • 麺を食べている喜びを感じたのですごく評価した(渡辺)
    本来熱々にはできなカルボナーラが熱々で味わえるのも衝撃的で面白い
    胡椒の風味も残っていて良い
  • カルボナーラじゃない、日本の卵クリームパスタ(江部)
    チェダーではなくペコリーノチーズを使用していたらもう少し悩んだ

鰹と昆布の特製出汁で作った鶏のみぞれ煮(399円)

合格:5人/不合格:2人

10ヶ月かけて開発した、魂のこもった商品。

手間暇のかかるお惣菜をレンジアップで簡単に出せるように、というコンビニには珍しいコンセプト。

塩・日本酒・醤油に24時間漬け込んだ鶏もも肉を揚げ、大根おろし、北海道産昆布だしと国産かつお節のだしに合わせた一品。

だしだけで飲んでも美味しい仕上がりに。

超一流料理人コメント

  • めちゃくちゃ美味しかった、これとご飯だけで十分(高)
    ローソンに行ったら最初に買う
  • 水分の中に入っているのに、鶏の衣が剥がれていない点に企業努力を感じた(徳永)
  • お酒に合う味の濃さ(竹村)
    鶏肉を揚げるので、臭みを除くための下味付けにはこだわらなくていいのでは

    もっといい商品になると思う

三元豚の厚切りロースカツカレー(598円)

合格:6人/不合格:1人

専用キッチンで調理して提供するタイプの商品。

三元豚のロースカツを専用の機械で一晩かけて叩くことで、2㎝の厚さながら驚きの柔らかさを実現。

店舗で揚げるため、柔らかくサクサク食感に。

ビーフカレーは新宿中村屋と共同開発。

クミンやコリアンダーなど20種類のスパイスを煮込み、カツに合うスパイシーなカレーに仕上げている。

超一流料理人コメント

  • ご飯が美味しい、カツは柔らかい(澤田)
    最初にスパイシー感、後から野菜や果物のコク、甘みがきて本当に美味しいカレー
  • これでこの値段はすごい(原田)
    ちゃんとしたお肉を使い、下処理もちゃんとしている納得の美味しさ
  • 脂を全て取り除いてしまい、ロースカツの良さが半減している(高)
    豚の味が何もしない

金しゃりおにぎり いくら醤油漬(198円)

合格:5人/不合格:2人

旨味が一番強い7~8月にとれたいくらをヒゲタ醤油の最高ランクに漬け込み、新鮮なうちに冷凍。

粒の大きさが異なる国産ブランド米を混ぜることで、口の中でほどけるおにぎりに。

超一流料理人コメント

  • 今まで食べたおにぎりで一番美味しかった(澤田)
    いくらの醤油漬けも塩分が強すぎず、ご飯・いくら・醤油が三味一体に
  • 具材は大きい方が良いような風潮があるが、いくらが多すぎず少なすぎず文句なしに最高に美味しかった(原田)
  • 気が付いたらなくなっていた(江部)

 

Uchi Café Spécialité 栗満(くりみ)ちモンブラン(320円)

合格:4人/不合格:3人

ヨーロッパ産の栗を使用し、クッキークランチ一を混ぜたクリームやホイップなど、3種類のマロンクリームを使用。

スポンジにもマロンを練り込んだ、マロン尽くしの一品。

超一流料理人コメント

  • 秋に向けてのモンブランだったら不合格だった(澤田)
    春夏向けの軽い感じ、なめらかだったりカリカリしていたりと、色々な食感が楽しめて美味しかった
  • 味が単調(徳永)
    マロンを入れない泡立てた生クリームを入れるだけでも味のメリハリが出て、まとまってくると思う

Uchi Café Spécialité 絹白(きぬしろ)クリームの苺ショート(320円)

合格:6人/不合格:1人

北海道産生クリームに練乳、牛乳をブレンドすることで、コクがありながらすっきりとした後味に。

できるだけ余分なものを入れず、スポンジは最小限に、苺も酸味をおさえるためにあえて一つに。

一流料理人の完食が続出した美味しさ。

超一流料理人コメント

  • キレもコクもあってうまい、さすがローソンのクリーム(徳永)
  • 自分が求めるもの全てが凝縮されたショートケーキ(原田)
    日本で生まれた、日本の美のショートケーキ

【ジョブチューン】ローソンリベンジマッチ2021不合格メニュー

グーードッグ トマトオニオン(ハラペーニョ入り)(298円)

合格:3人/不合格:4人

チルドコーナーで販売されている、20㎝のロングソーセージのホットドッグ。

皮が破れないギリギリの圧力で肉を詰めることで、パリッと食感を実現。

生地には強力粉を多めに配合した専用パンは、ソーセージに負けない弾力のある仕上がりに。

スパイシーなトマトソースにオニオン、ピクルス、ハラペーニョをトッピング。

1,800万個を売り上げた大人気商品。

超一流料理人コメント

  • 上の部分は全く問題なくパーフェクトだが、パン生地が自動販売機で食べるようなハンバーガーの食感と一緒(原田)
    他が柔らかい分、最終的に歯で噛み切るところが残って気になる
  • パンがベチャついている(徳永)

Uchi Caféピスタチオ 120ml(228円)

合格:3人/不合格:4人

甘味の強いアメリカ産ピスタチオペーストを通常の3倍使用し、隠し味に岩塩を入れることで濃厚で風味豊かな味わいに。

クラッシュピスタチオを混ぜ込み、食感の変化を楽しめる本格的なアイスクリーム。

超一流料理人コメント

  • ロースト臭が強く、本来後からじんわりくるナッティ臭がこない(原田)
    比率を変えるなどした方が良い、残念
  • フレッシュとローストを半々にするとピスタチオ特有の奥深い香りが出る(徳永)
    クラッシュがアイスの水分を吸ってしまい、ざらつきが口の中に残る
  • ナッツを使ったアイスは難しいが、バランスをうまく考えていると感じた(渡辺)
    クラッシュは混ぜ込まず、上に浮かせて香ばしさをプラスすると、インパクトと風味が活きる

【ジョブチューン】ローソンリベンジマッチ2021をジャッジした超一流料理人

今回ローソンをジャッジした料理人は、こちらの7名(敬称略/五十音順)です。

  • 江部敏史(リストランテコルテジーア)
  • 高忠伸 (東京肉しゃぶ家)
  • 澤田州平(中国菜エスサワダ)
  • 竹村竜二(麻布和敬)
  • 徳永純司(インターコンチネンタル東京ベイ)
  • 原田慎次(アロマフレスカ)
  • 渡辺雄一郎(ナベノイズム)

【ジョブチューン】ローソンリベンジマッチ2021ジャッジ結果・メニューまとめ

ローソンの人気メニュー、どれも食べてみたくなりました!

前哨戦を含め、9品合格、1品が満場一致合格という結果に。

SNSでもよく目にしていたので、ピスタチオアイスの不合格は意外でした…。

今回は予想外にスイーツで苦戦したローソンでしたが、今後のスイーツも期待しています!

ローソンにお立ち寄りの際は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

オリジン弁当のジャッジ企画はコチラ↓

-ジョブチューン

© 2021 ぐるめっとれんど